必要な資金

2つのマンション

現在の日本では、大胆な金融緩和政策の影響もあり、銀行に預金をしていてもほとんどお金が増えない状態です。
一方、年々進む高齢化の影響もあり、社会保障制度については将来の年金給付額について抑制される傾向にあります。
そのため、今後は今まで以上に個人単位での備えというのが重要になってきています。
こうした状況の中、資産運用に関心を持ち始めている人も増えてきているといわれています。
国も、少額投資非課税制度(NISA)を開始したり、確定拠出年金制度の対象者を拡大する方向に動くなど、個人投資家の育成に力を入れ始めています。
自分自身が資産運用をしっかり意識するかどうかで、安定した老後が送れるかどうかが大きく違ってくることになります。

資産運用にあたっては、国内外の株式や債券など様々な運用先があります。
それ以外では、毎月安定した収益が見込める運用先としては、不動産投資も人気があります。
これは、賃貸マンションなどの収益物件を購入して、家賃収入などで利益を得ることを狙う手法です。
不動産投資は多額の初期費用が必要になるというネックがありましたが、近年では不動産セクターを対象にしたREITという商品を利用すれば、少額からでも不動産セクターに投資可能です。
不動産に興味はあるけれど、一極集中で多額の資金を投入することに不安があった人におすすめの商品です。
これから資産運用を始めるにあたっては、信頼できるアドバイザーを探して、自分自身もしっかり勉強しながら投資を行うことが重要です。